ジネット35とヤミニは低用量ピルのジェネリック薬

アジア人向けに製造された低用量ピルであるダイアン35のジェネリック医薬品が「ジネット35」です。
ジネット35は従来の低用量ピルに比べて体格が小さい人が服用しても体への負担が少ないという特徴を持っています。
日本だけではなくアジア各国で支持されており、安心して使用することが出来るとして人気があります。

ジェネリック医薬品であるジネット35には、先発薬であるダイアン35と同様のシプロテロンアセテートとエチニルエストラジオールという2つの有効成分が配合されています。
シプロテロンアセテートは男性ホルモンの働きを抑制し、エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種であり、服用することで排卵が起きないようにすることが出来ます。

つまり、ジネット35を服用している間は、妊娠している状態を作り出すことが出来るというわけです。
そして、ホルモンバランスを整える効果を期待することが出来るので、生理痛の緩和や経血量の減少という効果を期待することも出来ます。

ジネット35については、誰もが服用することが出来るというわけではありません。
服用を避けるべきとされているのは、心疾患の既往歴があるという場合や家族に心臓疾患を起こしやすい人がいるという場合が挙げられます。
また、避妊手術などを受けた人や生理以外の原因不明の膣の出血がある場合、糖尿病を患っているという場合や35歳以上で1日15本以上の喫煙をする習慣があるという場合です。
また、この他にも日常的に医薬品を服用している場合には、影響を受ける場合がありますので、あらかじめ医師に確認をするようにしましょう。

ジネット35を服用する場合には、正しい方法で服用する必要がありますので、医師の指示に従うようにしましょう。
ジネット35はあくまでも女性専用の医薬品です。
ニキビ予防効果を期待することが出来るからと言って、男性が服用した場合には生殖機能が破壊されてしまう可能性がありますので、男性は服用をしないようにしましょう。

ジネット35とヤミニの効果と飲み方

超低用量ピルであるヤスミンのジェネリック医薬品が「ヤミニ」です。
避妊効果だけではなく、ニキビの改善、更年期障害の改善、卵巣がんの予防効果も期待することが出来るとされています。
ジェネリック医薬品であるヤミニの有効成分はヤスミンと同様で、エチニルエストラジオールとドロスピレノンです。

ジネット35・ヤミニの服用を開始するタイミングは、生理初日です。
避妊効果については、ジネット35が服用したその日のうちに得られるのに対して、ヤミニは服用から1週間程度経過しないと効果を得ることが出来ませんので、注意が必要です。
いずれも、毎日決まった時間帯に飲むようにしましょう。
1日1回、ジネット35の場合は21日間、ヤミニの場合は24日間継続して服用します。

ヤミニは24日間服用した場合は、有効成分であるドロスピレノンなどが含まれていない偽薬を4日間服用します。
服用し始めは、乳房の張り・めまい・吐き気・不正出血などが見られる場合があります。
このような症状については、個人差が大きく、人によって異なります。
ジネット35は21日間継続服用後、7日間休薬することで休薬期間内に生理が来ます。
効果を継続して得たいという時には同じペースで服用します。

また、継続して服用することで、体がピルの成分に慣れれば、乳房の張りやめまいなどの症状が現れることもなくなりますので、心配をする必要はないでしょう。
ただし、症状が長く続くような場合や症状が重いような場合には、使用を直ちに中止し、医師に相談をするようにしましょう。
また、低用量ピルは飲み忘れることにより、避妊効果が低下してしまう可能性がありますので、そのような状態で性行為を行う場合には、万が一のことも考え、避妊具などを使用することをおすすめします。