フェミロンはホルモンの配合が少ない超低用量ピル

フェミロンは低容量ピルの一種であり、マーシロンのジェネリック医薬品となっています。
ジェネリック医薬品ということでマーシロンよりも安く手に入れることができます。
この薬の有効成分は黄体ホルモンのデソゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールです。

最大の特徴は成分に第三世代の黄体ホルモンであるデソゲストレルが使用されているということです。
デソゲストレルはアンドロゲン作用が極めて低いプロゲストーゲンとしてよく知られており、ニキビができにくいと言われています。
また、典型的なアンドロゲン作用である食欲増進も起こりにくいですし、体重増加も起こりにくいというメリットがあります。

フェミロンは卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの含有量が低容量ピルの中で最も少なくなっています。
ピルの副作用はエストロゲン(エストラジオール)が原因となって発生すると言われています。
吐き気などの副作用が気になる人でも少ないエストロゲン(エストラジオール)のフェミロンなら安心して使用できるでしょう。

フェミロンは女性ホルモンの含有量がかなり少ないですが、避妊効果はきちんと得られます。
一般的な低容量ピルと同じように毎日同じタイミングで飲み続けた場合、99%の確率で避妊に成功すると言われています。
正しい方法で服用していればほぼ確実に避妊できるとされているのです。

フェミロンを飲むと体内の女性ホルモンのバランスが妊娠中と同じになります。
そのため脳が妊娠中であると判断し、体が妊娠のための準備をしなくなります。
排卵が行われなければ妊娠はしませんし、子宮内膜が十分育っていないと受精卵の着床ができなくなるため、避妊の効果が得られるという仕組みなのです。

フェミロンは日本国内では未承認の薬であり、購入したい場合は通販サイトで海外のものを注文すると便利です。
個人輸入代行業者の販売サイトから、自身で使う分だけを購入することは完全に合法です。
海外の薬を個人輸入すると聞くと、面倒なイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、販売サイトで商品を選んで注文するだけですし、一般的な通販サイトと同じように利用することができます。
取引は最初から最後まで日本語なので安心して利用できるでしょう。
通販サイトはわざわざ病院に行くのが面倒な場合や人に知られることなくフェミロンを購入したいという人などにおすすめです。

避妊以外に生理不順の改善や卵巣がん予防も期待できる

フェミロンは避妊以外にもさまざまな効果が期待できます。
まずは生理不順を改善する効果があると言われているため、生理周期が安定しなくて悩んでいる人にもおすすめです。
生理不順はストレスや病気、急激な体重の変化などによって引き起こされると言われています。

さまざまな原因によってホルモンバランスが乱れることにより、生理期間の長さや周期の長さなどに問題が出てきてしまうということです。
低容量ピルであるフェミロンには、体内のホルモン量をコントロールする作用があるため、ホルモンバランスを整えることに繋がります。

体内のホルモン量を一定にコントロールすることにより、28日周期で安定した生理がくるようになります。
生理期間も5日前後で安定しますし、経血量も一般的な量になるため、生理不順の悩みを抱えている人に最適です。

フェミロンは生理不順を改善するだけでなく、女性特有の不調を改善するという効果もあります。
まずは子宮内膜症の症状の緩和に役立つと言われています。
子宮内膜症というのは子宮内膜が子宮以外の場所で発生し、育ってしまうことで引き起こされる病気です。
フェミロンを服用すると子宮内膜が厚くなるのを防ぐことができますし、子宮以外で子宮内膜が作られてしまうのを抑えることにも繋がります。

また、フェミロンを服用すると妊娠しているのと同じ状態になるため、排卵をストップさせる指令が脳から出ることになります。
排卵がストップすると、卵巣がんが予防できます。
卵巣がんは排卵が起こる時の刺激により、卵巣にがん細胞が発生してしまうことが原因と言われています。
フェミロンで排卵が起こらなくなれば刺激も無くなりますし、卵巣がんになるリスクも低くなるということです。