マーベロンよりも「ノベロン」の方が安い!

ノベロンは世界的に有名なマーベロンのジェネリック医薬品で、有効成分などは同じです。
低用量ピルにおいて卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量が少ないので、比較的副作用が弱いと言えます。
先発医薬品であるマーベロンと比較するとリーズナブルな価格になっていて、特徴として第三世代黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)のデソゲストレルや卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)などが使用されています。

デソゲストレルはアンドロゲン作用、いわゆる男性化症状が極めて低い黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)として有名です。
ニキビができにくくなったり、肌荒れなどがしにくくなるでしょう。
典型的なアンドロゲン作用である食欲増進なども起こりにくい特徴があり、気になる体重が増加することも起こりにくいというメリットがあります。
卵胞ホルモン(エストロゲン)含有量は低用量ピルにおいて最も少なく幅広い世代の人が利用しています。

マイナートラブルと呼ばれているピルの副作用は卵胞ホルモンが原因となり引き起こります。
この含有量が少しなので吐き気などが酷くて今まで低用量ピルの利用をやめていた人もノベロンなら安全・安心して服用することができるでしょう。
黄体ホルモン(デソゲストレル)として0.15mg、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)として0.03mg含まれていて、一相性ピルにつき有効成分の量はすべて錠剤で同じ量になっています。
ノベロンやマーベロンなどを飲んだ人の体は妊娠中と同じ状態にするので、つわりによく似た症状が起こる場合がありますが、しばらくするとましになったり次第に慣れてきます。
特にノベロンやマーベロンの飲み始めは吐き気や嘔吐、頭痛や乳房の張りなどが起こりますが、体が慣れてくると自然になくなっていきます。

特にノベロンは副作用の原因である卵胞ホルモンの含有量が少ない低用量ピルなので、他のピルと比べると不快な症状が起こる確率は低いです。
尚、血栓症には注意が必要で、ふくらはぎが傷んだり息切れやめまいなどがあると医師の診断を受けることをおすすめします。

ノベロンの飲み方と副作用

ノベロンは低用量ピルの一種で生理1日目から始め、1日1錠飲むことによって体を妊娠中の状態に似せ避妊効果を得ることができる医薬品です。
21日21錠飲んだ後に7日間服用をやめて休薬期間をとります。
その後次のシートを飲み始め、この周期を繰り返していきます。

ノベロンは新しい第3世代で、シート内のホルモン錠に含有されているホルモン量はすべて同じ一相性ピルです。
卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量は最小級である0.03mgになっていて、ホルモンを服用しない休薬期間は他のピルと同じく7日間になっています。
ノベロンは高い効果があり、飲み忘れずに1日1錠服用した場合は避妊成功率が99%以上あります。
避妊効果は生理初日から飲んだ場合はその日からあり、初日がはっきりしていなかったり何かしらの理由で飲むのが遅れたなら、7日7錠目を飲んだ時から起こるでしょう。
更に確実にしたいなら14日目からなら大丈夫です。

ノベロンを正しく服用することで排卵を抑制することができ、子宮内膜を厚くしないようにすることができます。
これらの仕組みによって妊娠を予防することができ、お守りとして携帯している人もいます。
ノベロンは避妊効果はもちろん、女性ホルモンを取りこむことによってさまざまな効果があります。

例えば生理痛を軽減したり、経血を減少し、生理不順を解消することが可能です。
月経前症候群や月経困難症を解消することができ、排卵しなくなるので排卵の刺激によって発生する卵巣癌などを予防することができます。
ノベロンにはいくつか副作用があり吐き気や嘔吐、頭痛やめまい、眠気などがあげられます。
乳房痛や乳房の腫れ、食欲不振などもありますが、他のピルに比べると緩和されています。