ヤスミンは副作用が少ない低用量ピル

ホルモンバランスの乱れによる更年期障害や月経困難症や月経前症候群などの症状に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。
女性ホルモンの減少がホルモンバランスの乱れにつながり、ほてりや発汗や肩こりや腰痛や頭痛や腹痛や吐き気や便秘や冷え性やむくみや肌荒れやニキビなどの症状が出てしまいます。
イライラしたり情緒不安定になったり集中力が無くなったり憂鬱な気分になったり怒りっぽくなったりなど、体だけではなく心にも様々な不調が出ます。

そこで役立つのがピルです。
ピルには様々な種類のものがありますが、更年期障害や月経困難症や月経前症候群の症状を緩和させるためには第4世代ピルのヤスミンがおすすめです。
ヤスミンは副作用が少ない低用量ピルとして有名で、口コミの評判が良くたくさんの女性に支持されています。
婦人科で処方してもらうことも出来ますし、個人輸入代行サービスがある通販サイトなどで手軽に購入することも可能です。

ヤスミンに含まれる成分はドロスピレノンとエチニルエストラジオールで、毎日同じ時間に1錠服用し続けることで女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れを整えます。
更年期障害や月経困難症や月経前症候群の辛い症状を緩和させる効果が期待できます。
月経開始日から服用をし始めて21日間経口投与し続けます。
その後7日間服用を休むというサイクルです。
飲み忘れてしまうと最初から服用し直しとなってしまいますので気をつけましょう。

副作用が少ない第4世代ピルのヤスミンですが、全く副作用の心配が無いというわけではありません。
個人差がありますが、ニキビが出来たり肌が乾燥したり痒くなったり頭痛や乳房痛や不正出血が起きたりすることもあります。
服用中に体に何らかの異常が発生した場合は、すぐに服用を中止して速やかに婦人科を受診して医師に相談する必要があります。
正しい知識を身につけて用法用量をきちんと守って服用しましょう。

従来のピルの欠点は体重増加だが、この欠点を防止

ピルを飲むと太ってしまうという女性はたくさんいます。
従来のピルの欠点として体重増加という副作用がありました。
悩まされた経験があるという女性も多いのではないでしょうか。
その体重増加という欠点を防止することが出来るのが第4世代ピルのヤスミンです。

従来ピルでは太ってしまっていたけどヤスミンにシフトしてからは体重増加やむくみの悩みが見事に解消されたという女性がたくさんいます。
ヤスミンには満足度や信頼度や期待度や人気や効果の高さがうかがえる良い口コミが多数存在します。
体重増加という副作用は女性にとってとても辛いものです。
悩まされている女性はヤスミンにシフトしてみましょう。

体重増加の欠点の防止につながる理由についてですが、1錠あたりに含まれる女性ホルモンの量が少ないのでその分副作用が出にくくなっています。
体内で作られる女性ホルモン近い成分であるドロスピレノンが主成分となっている、卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンが含まれていないなどがあります。
卵胞ホルモンのエストロゲンは余分な水分を溜めこみやすい性質があり、黄体ホルモンのプロゲステロンは皮下脂肪を溜めこみやすい性質があります。

ピルを飲むことで体重が増加して太ってしまう女性のほとんどが、余分な水分によるむくみや異常や食欲による皮下脂肪の増加などが要因となっています。
ヤスミンの主成分であるドロスピレノンやエチニルエストラジオールには水分や皮下脂肪を溜めこむという性質がありません。
利尿作用により余分な水分を体外に排出させる働きがあるので、スッキリとしたボディラインを維持したまま更年期障害や月経困難症や月経前症候群などの症状を緩和させることが出来ます。