低用量ピルとモーニングアフターピルの違い

ピルと一言でいっても種類は様々です。
同じ「ピル」という言葉が使われている、低用量ピルとアフターピル、この2つのピルには違いがあるのでしょうか。
低用量ピル・アフターピル共に、服用することによって避妊の効果を得られる点は変わりありません。

ただ、服用するタイミングには大きな違いがあります。
低用量ピルの場合は、毎日ほぼ同じ時間帯に服用する必要があるのが特徴です。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2つの種類がありますが低用量ピルには、これらの種類の女性ホルモンと同じ作用をする有効成分が含まれています。

いわゆるホルモン製剤なのですが「低用量」ピルと言われているように、含有量はかなり抑えられています。
急激に女性ホルモンのバランスを変えるのではなく、緩やかに変えて行くのが低用量ピルの特徴です。
一気に変えることができないので、毎日飲み続ける必要があります。
もし、飲み忘れてしまうと女性ホルモンバランスが変化し、妊娠してしまう可能性があるので注意が必要です。

さらに低用量ピルは避妊以外にも、生理の日をコントロールする効果や大人ニキビを改善するといった効果が期待できます。
女性が感じる悩みを解消できる、それが低用量ピルです。
一方のアフターピルの場合、妊娠を避けることはできても生理の日をずらしたり、大人ニキビをできにくくするといった働きはありません。

あくまで、避妊目的で服用する薬となっています。
また、低用量ピルは毎日、決まった時間に服用する必要がありますがアフターピルは、性行為後に1回摂取するだけです。
服用回数が異なるという点も低用量ピルとアフターピルの違いです。

両方、避妊目的で服用する女性が多い薬ですが、低用量ピルは避妊以外の効果も期待できる薬、アフターピルは正に避妊だけをしたいという時に飲む薬と覚えておくと良いでしょう。
自分に合ったほうのピルを活用して、望まない妊娠を防ぐことが大切です。

アフターピルは「緊急避妊薬」

アフターピル、またはモーニングアフターピルというピルの種類をご存じでしょうか。
日本ではまだまだ浸透していないようですが、海外では一般的に処方されている薬です。
アフターピルは緊急避妊薬としての効果を発揮します。
性行為を行った次の朝に服用する薬なので、海外ではモーニングアフターピルとも言われているようです。

ピルといえば避妊目的で服用する薬ということは、女性であれば多くの人がご存じでしょう。
アフターピルも妊娠を避けられる薬ですが、あくまで緊急的に服用するのが特徴です。
コンドームが破れていることに気が付かず性行為をしてしまった、また性犯罪に巻き込まれて性行為を強要されたなど、女性が望まない妊娠をしてしまうケースは数多くあります。

このような時、前もって低用量ピルを毎日飲んでおけば避妊の効果を得られますが、女性全員がピルを活用している訳ではありません。
もし、ピルを飲んでいない女性が避妊具無しで性行為を行ってしまった場合は、アフターピルの出番となります。

アフターピルは性行為を行った後に服用しても、避妊の効果を得られる薬です。
急激に女性ホルモンのバランスを変えて、排卵を止めることによって妊娠できない状態を作ります。
性行為を行う前、すでに排卵していても受精卵が着床しにくくなる効果を発揮し、やはり妊娠を避けられるのがアフターピルの特徴です。

緊急避妊薬として使えるアフターピルは、もしもの時に備えて準備しておくと女性が安心できる薬と言えるでしょう。
アフターピルは性行為を行ってから12時間以内に服用すると、かなり高い確率で避妊することができます。
効果が失われてしまうと言われている、72時間以内に服用して望まない妊娠を避けましょう。