避妊ではなく生理痛緩和として低用量ピルを使う

低用量ピルといえば避妊を目的に使用される薬ですが、避妊だけでなく生理痛緩和にも使われます。
低用量ピルそのものはいわゆるホルモン剤で女性ホルモンを含んでいる薬のことです。
海外でもピルと呼ばれていますが、ピルそのものは錠剤のことを意味します。
低用量ピルはその名の通り低用量で、含まれる女性ホルモンの量が効果を得ることができる僅かな量だけ配合されています。
僅かな量であるためこれを毎日服用する必要があり、低用量ピルは28日サイクルで服用していきます。
このため低用量ピルは21錠または28錠ワンセットで販売されています。

21錠ワンセットのものは、連続21日間女性ホルモンを服用し、7日間は薬の休憩期間として服用しません。
28錠ワンセットの場合には、7日間の休憩期間からスムーズに再開することを目的に女性ホルモンが含まれていない薬が7錠用意されています。
21錠も28錠も内容はほとんど変わりなく、あくまでも休憩後の再開時に飲み忘れを防ぐことが大切です。

一方で低用量ピルは効果が得られる必要最低限の女性ホルモンしか含まれていません。
このため避妊を目的に服用する場合には毎日同じ時間帯に服用することが勧められます。
避妊効果そのものは目に見えて身体に現れるものではありませんから、実際に効果があるのかを女性自身が知ることが困難です。
飲み忘れをしてしまった場合には避妊効果が失われている可能性があるので注意が必要になってきます。
ただ正しく服用している場合には女性が行う避妊法の中で物理的に避妊してしまう方法以外としてはもっとも高い避妊率を持っており、また身体に与える影響も最小限で済むといったメリットがあるものです。

また低用量ピルを服用し続けるということは生理周期を管理するということにつながるため、生理不順の改善や生理時の不快症状の改善といった副次的な効果もあります。
生理が辛いといった症状で病院を受診した場合にも低用量ピルが処方されることもあります。

低用量ピルを使えば生理痛を和らげることができる

手軽な生理痛緩和の手段としては痛み止めが中心ですが、痛み止めはあくまでも痛みに対処するものであり根本的に痛みを和らげるものではありません。
あまりにも重い生理痛の場合には痛み止めで対処できるものではなく、病院を受診した場合には効果的な低用量ピルが処方されることもあるものです。

そもそも生理痛の原因としては生理の仕組みが影響しています。
生理では子宮内膜が剥がれ落ちて血液とともに経血として体外に押し出されますが、このさいにプロスタグランジンと呼ばれる物質が過剰に分泌されると子宮の収縮が過剰になり頭痛や腹痛を引き起こしてしまいます。
また冷えによる血行不良でもプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまう原因になりますし、ストレスが継続的にかかる環境にあるとホルモンバランスが乱れてしまいます。
いずれにしても体内のバランスが崩れることで痛みの原因が増えることになります。
生理不順で定期的な生理が来ない場合には悪循環に陥り生理痛を含めたさまざまな不快症状が高まっていくリスクがあるため生理周期を周期的なものにして正常な生理にすることが大切です。

低用量ピルを服用することで生理周期を人為的に管理することができるため生理痛緩和に効果があります。
そして生理痛緩和の効果だけでなく、生理不順が起こることは子宮周辺の負担が大きく、このため子宮内膜症や子宮筋腫など女性特有の病気を引き起こす可能性が高まります。
低用量ピルを使って生理周期を管理することにより、これらの予防にも効果があるものです。

避妊効果とは異なり、これら生理の不快症状の改善には毎日飲み続けなくても効果が続きます。
避妊を目的に低用量ピルを服用していて飲み忘れを起こしてしまった場合でも、生理周期を管理して生理の不快症状を改善する目的のために飲み続けることが大切です。