単なる避妊薬としてでなく生理痛が緩和され、しかもニキビも解消されるという嬉しい効果が高い低用量ピルですが、どこで手に入れることができる薬なのでしょうか。
薬局へ行ってみたものの置いてなかったと言う経験をお持ちの方もいるかと思います。
低用量ピルは処方箋が必要なので病院へ行かなければ手に入りません。
しかし、どうしても時間がない人にとっては別の方法などもございます。
ここでは低用量ピルの購入方法についてご説明していきます。

一般的には病院で低用量ピルを処方してもらう

低用量ピルは病院の産婦人科で処方してもらうことが可能です。
診断を受け生理が不順である、生理痛がひどい、確実に避妊をしておきたい、生理日をずらしておきたい、緊急で避妊しなければいけなくなったなどといった理由が認められれば、ピルが処方されます。

低用量ピルは最近女性の中で上昇している生理不順、生理痛の改善や緩和にも活躍しますし、低用量ピルを用いれば生理を規則的にすることもでき生理痛なども緩和されることが分かっています。
問診などによって低用量ピルが処方されますが、それ以上の診察や検査を行うかどうかはそれぞれの医療機関の判断に委ねられています。
生理不順になると生活をする上でも色々と不都合が生じてくることが多いので低用量ピルは処方が認められているのです。

日々の生活の中で生理のせいでストレスを感じることがないように低用量ピルはあります。
毎日治療で服用することで生理痛を改善したら避妊することが可能になります。

またニキビなどの改善にも役立つという点もあります。
病院で生理トラブルに関する相談や避妊したいという旨を伝えれば医師の判断によって低用量ピルを処方してもらえるのです。
だいたい一か月分以内の量が示され、次の分が欲しい場合は再度診察を受けてピルを出してもらわなければいけません。

病院で処方してもらう場合は非常に多い金額が必要になってしまいます。
どうしても毎月の出費がかさんでしまうという難点はあります。
費用は薬代がだいたい2000円から4000円です。診察料や検査料が3000円から6000円ほどです。
病院によって費用に差が出ますがピルは基本的に保険がきかないため医療費や薬代が高額になってしまうのです。

低用量ピルは楽天やアマゾンで購入できる?

医者に相談できるという安心感が病院でピルを処方してもらう一番のメリットではありますが、病院では待たされてしまったりしますし、たった10分の診察なのに1時間使ってしまう女性なども多いです。
最近では働いている女性なども多いのでなかなか病院へ行く時間が取れず、かといって行けそうな夕方など行くと大混雑していて、すぐ診療をしてもらえないというような状態になってしまうのです。
土日や祝日に行けば2~3時間待たされることもよくある光景で、ピルが欲しいために休日を丸一日潰してしまうことが多くの女性にとって悩みとなっています。

なので時間のない人に対して通販などでピルを手に入れることはできないのでしょうか。
しかし、薬事法などによって日本の販売店で売ることは禁止されてしまっています。
ですので楽天やアマゾンなどの国内の通販サイトで購入することは不可能です。

日本では処方薬に分類されており、産婦人科、婦人科、レディースクリニックなどで診察を受けることで医師に処方箋を書いてもらい始めて入手ができます。
amazonでは売っていないのです。処方薬を販売している薬局もありますが医師の処方箋がない限りは購入はできないのです。
ピルを病院でもらいたいならば産婦人科や婦人科がいいです。
なぜなら病院内でピルの処方を行っておりますし、受け取りにいちいち薬局まで出向かなくて済むからです。

それに産婦人科や婦人科のお医者さんならばピルを処方するというだけではなく女性特有の疾患などにも詳しいので様々な悩みを聞いてもらうことができます。
疾患の治療に目を向けるなら他の専門分野の先生ではなく、婦人系の専門医に相談するのが一番良いでしょう。
ピルにも制限があったりするので手軽に買えないようには日本では法律によってされているのです。

ドラッグストアや薬局では低用量ピルは買えないの?

日本には「薬事法」という薬に関する法律によってドラッグストアで販売できる薬が限られています。
低用量ピルもドラッグストアなどで販売できないような薬に含まれますなので近所の薬局などに行っても手に入れることはできません。
処方箋などがあればそれを受け付けている薬局で買うことはできますが、基本的にそれは病院で診察を受けた人のみが手に入れられる書類ですので、事実上薬局で手に入れることできないと言えるでしょう。

かといって、絶対に不可能かといえばそうでもありません。
個人輸入サイトという方法をとれば手に入れることができますが、その場合は自己責任ということになるので基本的には病院に行くこととなります。

病院へ行く場合には内科でもいいのか、どこへ行けばいいのかということですが、基本的には産婦人科医婦人科へ行くようにしましょう。
しかし混雑してしまう可能性もあるので診察を受けたのに処方してもらえなかったということになったら骨折り損になってしまいますので、事前に処方が可能かどうか確認しておくことをお勧めします。
ホームページなどで病院を探し行こうかと思っている病院に電話をして処方ができるかどうかということ問い合わせれば答えてもらいます。

診察の流れとしてまず病院へ行く時には健康保険証とお金をあれば大丈夫です。
ただしピルの処方は非常に高いのでお金をたくさん持っていくようにしましょう。

ネットから予約できる病院であれば無駄に待ち時間を長くすることはなく済ませることができます。
初診の場合は受付をしたらアンケートなどに答えることになると思うので、しっかり書いて指示に従うようにしましょう。
順番が来たら問診が始まりますから、お医者さんにいくつか質問されますので、この時は嘘をつかず正直にいろいろ話をしましょう。

続いて検査もあります。
血液検査や子宮ガン検査、尿検査などが行われますが、これは病院によって検査内容が異なり検査の費用などもバラバラになります。

このような手続きを受けてようやく処方箋が手に入るのですが、実際は「個人輸入」という形をとれば手に入ることができます。

海外からの個人輸入通販サイトで低用量ピルを購入可能

病院へ行く時間がない人や忙しい人などのために海外から購入、個人輸入という形をとることが可能です。
通販サイトを利用すれば購入にかかる時間もかからず、お金の方もかなり低額で抑えることができるのです。
また病院に行き誰かに見られたりお医者さんに話をするのが少し恥ずかしさもある人なども個人輸入サイトを利用すればそういう問題がなく済ませることができます。

ピルの個人輸入は薬事法で認められていることです。
個人が自分で使用する目的なのであれば、薬を自由に輸入しても良いのです。
自己責任で正しい用法用量を守ることができれば合法なので問題があるわけではありません。
また手続きもとても簡単に今ではなっています。

個人輸入代行サイトがたくさんあるからです。
合法だとしても外国から輸入するとなれば手続きがたくさん必要にもなるのですが、そうした翻訳作業から購入までの流れ全てを請け負ってくれるのが個人輸入代行サイトです。
それこそアマゾンや楽天で買い物をするかのように、低用量ピルの購入が可能なのです。

使用方法もamazonとほとんど変わりません。
大体低用量ピルの通販での相場は病院やクリニックへ行くより割安で済みます。
診察料もかからずに済むからです。病院と同じようなビルが1000円から3000円ほどで購入することができます。
送料がかかる点もありますがまとめ買い、送料無料などのサービスを上手く利用すればかなりお得に購入することができます。

通販ではジェネリックという後発医薬品も多く販売されていて新薬と同じ成分効能でありながら安い値段で購入できるものがあるのです。
もちろん病院でお医者さんに悩みなどがある人はそちらの方がいいわけですから、うまくそれぞれの状況に合わせて病院と通販での購入を検討し使い分けていくようにしていくと良いでしょう。